読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブタはおだてれば木に登るのか?

主張

「ブタもおだてりゃ気に登る~~」というコトバ。

 

これは、私が小学生くらいの頃にテレビで流行っていたアニメ番組タイムボカンシリーズの『ヤッターマン』のなかで、いつも出て来たセリフ。

 

あまりにも一般的に、しかも結構古くから使われているので、〝ことわざ〟だと勘違いしている人もいるらしいのだけれど…

 

このブタもおだてりゃ木に登るというコトバ、タイムボカンシリーズの総監督が子どもの頃に住んでいた会津若松で古くから〝囃子言葉〟として使われていたらしい(ウィキペディアより)

 

なので、純粋にタイムボカンシリーズから生まれたオリジナルなセリフではないようだけれど、多くの人が〝ことわざ〟と勘違いするほど知られているというのが、ある意味スゴイ(笑)!

 

デジタル大辞泉では、「能力の低い者でも、おだてられて気をよくすると、能力以上のことをやり遂げてしまうことがあるというたとえ。」と説明されていた(笑)!

 

ヤッターマン」のストーリーは、インチキ商売で荒稼ぎしたお金で、胡散臭いメカを次々と作っている傍迷惑な悪党ドロンボー一味が、大金塊のありかが記されたドクロストーンを手に入れようとするのを阻止すべく戦うヤッターマンとのコミカルなもの!

 

悪党一味とは言っても、どんくさくて愛嬌のある3人組(ドロンジョボヤッキー、ドンズラー)で、いつも笑わせてくれておもしろい!

 

そのドロンボー一味が使うメカの中に、「おだてブタ」「お褒めブタ」「なげきブタ」などがあるのですよね(笑)。ブタもおだてりゃ木に登るというセリフは、この「おだてブタ」というメカ(ブタがヤシの木を登っていくメカ)から発せられるコトバなのです。

 

ウィキペディアによると、「ボヤッキー曰く、〝おだての波長を感知して反応するメカ〟(ただし、1度だけ間違えたタイミングで登場してドロンジョにつっこまれた)とのことで、主にボヤッキードロンジョにメカの出来栄えを褒められ、得意気になった頃合いに現れることが多い。だいたい最後は爆発に巻き込まれて吹き飛ばされる…」そうです(笑)!

 

いやぁ、懐かしいなぁ「ヤッターマン」!私は、このブタもおだてりゃ木に登るというコトバを耳にする度に、シッポに可愛らしい赤いリボンを付けてヒョイヒョイとヤシの木に登っていくブタちゃんのメカ「おだてブタ」の映像を思い出すのです( *´艸`)

 

さてさて、このアニメからの影響なのかどうかは知りませんが、私の以前のブログにも書いたかもしれませんが、私は、この「おだて」には昔から過敏で、異常なまでに嫌う傾向があるのです。

 

たちが悪いのは、「おだて」と「褒め」の違いが私には全く分からず理解できないことです。見分けることが出来ないのです。なので私にとっては同じコトバなのですよ。これって、ある側面はまともなのではないかと思うのだけれど、なんとなく〝損〟な性格なのかなぁと思ったりします。

 

子どもの頃からずうっと、周囲の大人や先生に上手におだてられて(?)というか、褒められて(?)自信をつけて育っていくタイプの人が非常にうらやましいのですが、私には昔から、それは全く通用しないのですよね…なんか、どうしても胡散臭く、なにか相手に都合よくコントロールされている気分になってしまう…(実際にそうかどうかは別としてですが…)。。。

 

いつも、きっと、私の思い過ごしなんだろうと気づかないようにして、上手に相手の「おだて」や「褒め」に乗ったフリをしようと試みるのですが、やはり、無理がありますね(笑)。慣れないことはやらない方が良い!自分の感性には嘘はつけないのですよ。。。

 

逆を言えば、私はそのようはへそ曲がり(←自分では曲がっているとは思っていないが…)な感性を持っているため、「おだて」や「褒め」に対する嫌悪感が強く、人を「おだて」たり、「褒め」たりすることが出来ないのです。罪悪感に押しつぶされそうになって苦しくなるからです。いや、自分が心底相手の何かをリスペクトした場合は別ですよ!そういう時は、まぁ、稀ですが心の底からなんの曇りもなく「褒め」ることができると思います(ほんとに、稀ですが…)。

 

話は飛びますが、だから、世間で良く言われる「褒めて伸ばす」的な考え方にかなりの抵抗があるのです。これって、どう考えても、現代の世間の考え方ととズレてますよね?きっと思いっきり〝損〟な性格なんでしょうね。。。

 

でもね、これだけは、私の最も大切に保ちたい感性であって、世間の流れに自分を安く売り飛ばしたくないのですよ。。。

 

なので、たとえ、自分がどんだけ〝損〟をしたとしても、決して譲れない部分なのですよね。。。

 

あぁ、私はなんて、面倒くさい性格なのだろうか。。。"(-""-)"

 

こんな感性なんて、いっそのこと無ければよかったのに。。。とつくづく思うのです"(-""-)"上手におだてられて、上機嫌になって、素直に可愛らしくヤシの木を登る性格であれば良かったのにと(笑)。。。

 

だからね、「ブタはおだてりゃ木に登る」とは限らないのですよ!

 

私がヤシの木に登るとしたら、、、私自身が自分自身のことを褒めたり、認めた場合には、ヤシの木であろうと、スカイツリーであろうと一気に登る自信がありますけれどね!(^^)!

 

あ、久しぶりに、ドロンジョ様に逢いたくなってきたわぁ~~~(*^^)v

 

f:id:miwako-amano:20161211173251j:image

悩みや不安の解消って?

主張

悩みや不安って無きゃダメなのでしょうか?

 

まぁ、そういう私だって、完全なる能天気なわけではなく、悩みや不安が皆無というわけではないのですが…かと言って生きられないほど辛いわけではない。。。

 

悩みや不安が無ければどれだけ快適に暮らせるだろうかと思うこともあるけれど、たぶん、皆無であることはあり得ないのではないか?小さな悩みや不安程度は誰でも一つや二つや三つや四つ…(笑)はあるだろう!

 

で、私が日々思うこと。その人にとって特に表立ってない悩みや不安を、他者がわざわざ関わって根掘り葉掘り聞きだして穿り出して浮き彫りにして、さらに専門家などと称する人があ~だこ~だと関わって「問題だ~!問題だ~!あ~するべきだ~!こうするべきだ~!」と騒ぎまくる必要がどれほどあるのだろうか…?

 

「別に、特に悩んでませんけど…」

「特に、不安じゃありませんけど…」

「別に、それほど困ってませんけど…」

「特に、大変な問題だとは思いませんけど…」

 

っていうのでは、ダメなのでしょうか?

 

上記、この世の中を少しでも楽に生きるためにはとても大切な力だと思うのですが(笑)。。。違います???

 

ダメなのだとしたら、なぜ?

 

いや、わかるよ。生きているとさまざまなことがあるので、悩みや不安は、まずゼロではないですよ。たぶん誰だって悩みや不安は多かれ少なかれ抱えているもので、それらと常に〝共存〟しているのではないですか?

 

悩みや不安と共存しつつ、完全にスッキリはしないままに、でも、なんとか自分の中であまりに大きく辛い方にばかり傾かないように、ゆる~く揺れ動きながらバランスを取って中間あたりで〝共存〟状態を保って日々過ごしている人って少なくないのではないかと思うのだけれど。。。

 

どうしようもないほどの悩みや不安、日常生活が危うくなるほどの悩みや不安、心身に異常をもたらすほどの悩みや不安、生きづらく、生きているのが苦痛で苦痛でたまらないほどの悩みや不安ならば、それを支えるための専門家と称する人の意見や介入は必要なのだろうとは思うのだけれど。

 

でもさぁ、それほどでもない悩みや不安を、わざわざ煽って大きな本格的な悩みや不安に昇格(?)させる必要があるのかね?

 

何とか自力でバランスを取って、上手く自分で折り合いをつけて納得して生きている人に向かって「何か悩みや不安はありませんか?」「悩みあるでしょう?」「不安あるでしょう?」「それって問題ですよ!」「解決するべきです!」とか煽って悩みや不安をわざわざ表面化させる必要ってあるのですか?

 

その必要があるとすれば、なぜ?

 

人がより良く生きるため???

 

仮にそうだとして…じゃぁ、より良く生きるってなに?誰にとって?自分にとってより良ければ、他者にとってより良くなくても構わないってこと?自分にとっても他者にとってもより良いなんて、そんな都合の良いことってあるのかねぇ…

 

キレイごとだぁ~~~(爆笑)!

 

もしかしたら、「悩み解決屋さん」という商売で一儲けしたいだけじゃないのか???

 

世の中には多いと思う。そ~ゆ~とんでもない変てこりんな商売。。。人を侮辱してるとしか思えない商売。。。それはダメだよ!

 

なので、そ~ゆ~、世の中の問題や、多くの人の悩みや不安を本気で心配しているようなフリをして、それに付け込んで商売するような「悩み解決屋さん」的な存在を、私は心の底から軽蔑します(-_-;)

 

「悩み解決屋さん」で活躍して認められたいのならば、本当に本当に、毎日生きるのが精いっぱいの人の所に自ら出向いて行動した方がいいんじゃないか?きっと一儲けは出来ないだろうけれど、役には立つと思うな!

 

多少の悩みや不安を抱えつつも、うまく距離を保ちバランスを保ち、悩みや不安ばかりがクローズアップしてしまって圧し潰されないように上手く〝共存〟している人は、そのままそうっとしておくのが良いのではないかと思うのです?あまりに大きなお世話はやめた方がいいのではないか…

 

上手く自分でバランスをとって悩みや不安と〝共存〟していたのに、「悩み解決屋さん」の大きなお世話な介入により、悩みや不安が強調されてしまい、生きづらくなることってあるのではないかなぁ。。。まるで〝人の繊細な心に土足でドスドスと踏み込んできて、せっかく整理していた気持ちを搔き乱ような…〟そういう介入は罪深いというか、悪とさえ思える。

 

少なくとも、私には過去にそのような経験がある。。。

 

この世の中で生きる人の抱える悩みや不安は多種多様で、辛いこととの〝共存〟の仕方なんて、人それぞれしょう。。。試行錯誤して自分にあったスタイルで、なんとか折り合いをつけて生きている人もいるのだから…少なくとも私はそういうタイプの人ですけれどね。。。

 

悩みや不安と本気で向き合うには、誰かと一緒にとか、仲間で一緒にとか、誰かに支えてもらってとかが逆に余計に苦痛を増す場合もあるのではないかな。。。

 

皆で一緒に力を合わせて立ち向かえば悩みや不安はなくなるなんて、、、それはキレイごとの幻想なのではないか。。。そういうこともあるかもしれないけれど、結局最後は自分自身の問題なわけで、最終的には自分一人で引き受けて向き合わなければならないのにね。。。それがわかってないんじゃない?

 

甘いよ。。。なめてんじゃね~~よ~~~( 一一)

 

と思った"(-""-)"

f:id:miwako-amano:20161206010114j:image

 

 

 

無視される勇気!

主張

そういえば以前、「嫌われる勇気」という本が話題になった時期がありましたっけ?確かアドラー心理学に基づいているのでしたか?私は読んでいなかったと思うのでタイトルとか、読んだ誰かの感想とかからの想像だけですが…

 

ま、人に嫌われることを恐れるなというようなことでしょうか?(←これじゃ、タイトルのままじゃないかっ( *´艸`)。。。)

 

「嫌われる勇気」かぁ~~、そっか、わざわざ「勇気」というコトバを使うということは、それほど難しいということなのでしょうか?世の中には、人から好かれたい、良く思われたい、気に入られたいと思っている人がきっと多いということですね?

 

そんなこと、私にとってはどうでもよくて、特に関心がないのだけれどなぁ(笑)。。。

 

そっか~。私的には、昔から人から嫌われてナンボの世の中だとずっと思って生きてきたので、人から嫌われることに対してほとんど抵抗がないので、その発想自体がよくわからないのですね…。

 

自分に無理を強いてまでイチイチ人に好かれようなどどは一切考えないのですけど(笑)。だって、自分の人生なのに人の顔色ばかり見て生きるなんてバカバカしいじゃんっ!んなこと誰がするか~~~なのですよ(*^^)v

 

「嫌われたり」「イラつかれたり」「馬鹿じゃないのと思われたり」「変な人と思われたり」等々、この世の中でネガティブとされている見られ方のようですが、でも、それって、「私」が相手にとって気になる存在になっているということで、相手にとって「私」の影響力が「大」ということになりますよね?

 

私が思うのは、「嫌われる勇気」よりも「無関心になられる勇気」とか「無視される勇気」とか「相手にされない勇気」とかをもつように鍛えた方が良いのではないかということなのです。そういうことを怖れるなということなのですが、いかがでしょう???

 

誰かに、〝無視されても〟、〝無関心になられても〟、〝相手にされなくても〟、全く気にもならず、ショックも受けず、落ち込みもせず、全く動じない…そして、普通にガンガンと進むっ!もっとスゴイのは、相手に無視されていることすら全く気付かず普通にガンガンと進むっ!とか(笑)!超強者だと思う!こうなったら世の中怖いものなしだと思うなぁ(*^^)v

 

一日も早く、そうなれるように修行に励むぞっ!(^^)!

 

だからね、「嫌われる勇気」なんて、スケールの小っちゃいこと言ってないでさぁ、この世の中は「私」だけの世界、「私」しか存在しない、だから自分の思い通りに好きなように生きていこうと腹をくくる勇気があると、この世の中を生きていくのが少しでも楽になるのではないかと思う今日この頃なのですよ。。。( *´艸`)

f:id:miwako-amano:20161124031650j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知りたい病にサヨウナラ

思考

この世の中に生きて、いろいろなものに接すると、あれも知りたい、これも知りたい、と思ってしまうことがある。

 

知って納得することもあれば、しないこともあり、知って良かったと思うこともあれば、知らなければ良かったということもある。さらにもっともっと知りたくなることもあれば、どうでもいいやと思うこともある。

 

最近つくづく思うのだけれど…。世の中のいろいろなことを知ったとして、「だから、なんだというのか?」と思う傾向が強くなりつつある自分に気づき…ある意味、健全な傾向なのではないかと思い始めた…

 

世の中のいろいろなことを知る、知りたくなるというのは、良い言い方(?)をするならば…さまざまな事象に興味や関心を持つことができるということ。そして、それを日々の生活に役立てられたり、生活が潤ったりすることに繋がるのかもしれない。でも、そんなに優れた側面ばかりではないと思うなぁ。

 

決して美化しない方がいいと思うなぁ…知りたい病(-_-;)

 

あれもこれもそれも、あっちもこっちもそっちも全部ぜ〜んぶ知りたくて知りたくて、トコトン情報を集めなければ落ち着かない、気が済まないとか、あれもこれもそれも、あっちもこっちもそっちも全部ぜ〜んぶ出来ないと落ち着かない、気が済まないというのは、チョット病的ではないか?というか病気なのではないだろうか(-_-;)

 

知りたい病(-_-;)

 

何ごとも、度を超してあまりに強迫的になったならば、それはきっと、知りたい病(-_-;)

 

知りたい病のやっかいなところは、一度発病すると、何かを知った時の快感が忘れられず、常習化するとタチが悪い。中毒状態になってしまうと、抜け出すのが大変‼︎

 

知りたい病に取り憑かれてしんどくなったときの合言葉、「知ってどうする?だから何?」‼︎出来る限りドライに素っ気なく、自分に問いかけようと思う今日この頃であった(笑)!

 

知りたい病よ、サヨウナラ‼︎

f:id:miwako-amano:20161121215242j:image

 

桑田佳祐年末ライブの抽選落ちた!でも死なない!

今日

ファンクラブの先行予約にエントリーしていた桑田佳祐年末ライブの抽選に落選しました(-_-;)

 

私、ファンクラブに入会したのが16年前で、この16年間に会員の先行予約にエントリーして落選したのは今回が初めてでした(-_-;)

 

桑田佳祐サザンオールスターズのライブチケットはゲットしにくいのは有名ですが、それでも私は、この16年間、一度も落選したことがなかったのですよ。

 

それとも、これまで落選しなかったほうが運が良くて珍しかったのかしら?

 

まぁ、ファンクラブの会員であることがライブのチケットゲットに確実に繋がるわけではないことは説明されているのでわかってい入るのですが…

 

でも、それらのチケットがネットオークションで高額で転売されていることには納得がいかない!もちろん、ネットオークションで高額でも購入しようとする人がいて需要があるわけなので、取り締まりが難しいのでしょうけれど。。。

 

ならば、年会費を支払っている会員が複数枚のチケットを申し込めたり、同一会員が別日程で重複して当選するようなシステムを止めて欲しいなぁ!

 

私、会員である自分の分だけ、たった一枚しかエントリーしてなかったのになっ!

 

いっそのこと、年会費を支払っている本人分一枚限定でエントリーできるようにしてくれれば、一人でも多くの年会費を支払っている会員が当選するチャンスが増えるように思うのだけれどな。。。そういう条件での落選ならば納得がいくけれど、一部の会員は、当選が重複していて、さらに年会費支払っていない人の分まで複数枚当選するなんて納得いかないわ!

 

ということなので、桑田佳祐サザンオールスターズのファンではあるのだけれど、もう、今季限りでファンクラブは退会しようかなと考えている今日この頃。。。

 

チケットゲットの確立が下がっても、一般の予約で手に入らない方が、納得感があるし、嫌な気分をしなくてすむもんな~~~(>_<)

 

ということなので、今年の年末は、どこかのテレビの中継で観ることにしよう。。。

桑田佳祐年末ライブの抽選落ちた!でも死なない!(←今年流行った、何かの言い回しの真似???)

 

f:id:miwako-amano:20161119160830j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ一日三食べるの?

主張

普段、忙しく仕事していて家にいないと、特に気にならなくて済むのですが。

 

休日で一日とか、連日とか家で家族で過ごしていると、フツーに、朝ごはん、昼ごはん、夕ごはん、を食べるのですが…そのたびに、なぜ、皆、揃いもそろって一日に三回も食事をするんだろう???と疑問に思ってしまうのですが(汗)。。。私だけ???

 

実際には、私は家族が家に居ようが居まいが、一日に三回もキッチンで食事の支度をすることなど皆無に等しいので(実際に今は、せいぜい夕飯を作る程度…)、真面目で料理に一生懸命時間を費やしている主婦の方を前にするとエラそうに言える立場でもないのですが(-_-;)

 

実は、一日一回の夕飯を作るだけでも、私にとってはかなり面倒くさいのです"(-""-)"

誰か作ってくれないかなぁ~~って思っちゃいます!

 

でも、お料理するのは結構好きで、気が向いた時に作りたい物を作るのは大好きです♡♡♡自分で言うのもなんですが、自慢ですが私、料理上手です(笑)←誰も言ってくれないので、自分でアピールしておきますがっ!(^^)!

 

これでも一応、いっときは真面目に家庭に引きこもって専業主婦の真似ごとをしていた時期もあったので、その時は、今以上に、毎日、毎日、「なんで、三回も飯を食うんだ!面倒くせ~~」と思いながら毎度毎度作っていたものでした( 一一)。。。

 

きっと、多くの人が思っているのではないかと 思うのですが…違う???

 

なぜ、朝ごはん、昼ごはん、夕ごはんと、一日三食、食べるようなことが習慣になっているのでしょうか?

 

まぁ、いろんな説があるようですね。。。

 

江戸時代までは、一般的な日本人は一日二食だったとか…江戸時代以降、多くの大工や職人が江戸で朝から晩まで体力を使う労働をするようになって、三食食べていたのが庶民もひろがったのだとか。

 

ウィキペディアによると、日本で学術的に一日三食を最初に推奨したのは、佐伯 矩 という医学博士で、日本に世界初の栄養学校を創設した人らしい。。。そこで「日本人の成人男性は平均して一日2500〜2700kcalのエネルギーが必要だ」ということが導き出され、それを一日二食で補うのは難しいといったことから、三食を提唱するようになったらしい。。。

 

でも、現代の生活スタイルでは、一日に必要なエネルギー量はもっと少なくて良いらしいですよね。。。アメリカでは、一日三食の習慣が崩れ始めているとか。。。

 

へぇ~~、そうなんだね~~φ(..)メモメモ

 

ま、なるほどとは思うのですが、へそ曲がりな私としては、「お腹が減ったら食べる。お腹が減らなければ食べない。」ということを日々、単に貫いているだけなので、日によって全く食べなかったり、一食だったり、二食だったり、三食だったり四食だったり、五食だったり…いろいろです"(-""-)"

 

こういう食生活を、かなりの年月続けてますけど、体に特に支障はありません。今の季節、食欲の秋で連日一日四食ぐらいバク食い(?)することもありますが、特に太りませんし、元気なので、一切気にせず、一日三食規則正しく食べるなどということは無視しています。。。

 

というか、、、気にしなくても食べたい物を食べたいときに美味しく食べていると、1週間程度のスパンで見てみると、おおむね、量的にも栄養的にもバランスが摂れているっぽいので、ま、いっか~~~~って感じです!(^^)!

 

あと、話はズレますが、食事繋がりでもう一つ物申させていただくならば(笑)…

 

私は、普段の食事を人と一緒にすることが好きではありません。あ、食事ではなく、皆で飲みに行くのは好きですが(笑)。。。

 

よく、やはり皆で食べると美味しいねと言う人がいるが、マジで?と思うのです。。。

食事ぐらい一人でゆっくりと食べたいと思うのですけれど、、、これって変わってるの?別に構わないのだけどね。

 

ちなみに、家族で食べる時って、皆さん、そんなに楽しく会話しながら食べてるのですか?だとすると器用ですねぇ(笑)!わが家は、家族で同じテーブルで食べていても、テレビ見ながら各自、無言で食べてますけど(笑)。。。あ、最近は、見たいテレビ番組の好みが合わないので、各自、スマホで好きな動画等を見ながら、各自バラバラに愉快に笑ったりしながら食事してますけど(笑)!変かなぁ???

 

こういうのって、真面目(?)な方には、「え~~、酷い食事の在り方ね」とお叱りを受けそうですが、私には、何が酷くて、何が問題なのかが全く分かりません。何か問題ありますか?家族の誰一人として、不快に思っている人はおらず、各自が楽しく美味しくリラックスして食べているのですけれど。。。まぁね、きっと、家庭の外の社会は窮屈で意味不明のルールがあるようなので、外では許されないことなのかもしれませんが、自分のお家ならば好きにしていいよねって思いますけれどね(*^^)v

 

ということで、、、こんな夜中に、なんで食事の話を書いてるんだろうか。。。お腹が減ってきてしまったではないか。。。何か食べたいのは山々ですが、流石に今宵は寝ることにします。おやすみなさい。

 

あ~~、おなか減ったなぁ~、早く朝ごはん食べたいなぁ(-_-)zzz

f:id:miwako-amano:20161114044037j:image

 

茶碗蒸し 

ミニチュアコレクション

茶碗蒸しの美味しい季節になりましたね( *´艸`)

 

今回は、私のお得意料理でもあり、大好物でもある茶碗蒸しのミニチュアのご紹介!

ホンモノ以上に(???)、よくできたミニチュアでしょ( *´艸`)

 

う~っとり~~惚れ惚れします( *´艸`)

 

具材は、秋の味覚、ぎんなん、しいたけ…

彩りも綺麗な、むきエビ、かまぼこ、三つ葉、さやえんどう…

たっぷりの卵を香りの良い出しで溶いて~~♬

 

つるん、つるん、のどごしのよい茶碗蒸しは、子どもの頃からの大好物♬

食事に茶碗蒸しが一品添えられてあるだけで、気分はなんだかリッチな感じになる!(^^)!

お手軽な材料なのに、贅沢な気分になるのです( *´艸`)

 

おっと、ミニチュアに見入っていると、ホンモノの茶碗蒸しが食べたくなってしまったぁ~~!

 

茶碗蒸しには、やっぱり日本酒だな~~♡♡♡

 

f:id:miwako-amano:20161113005240j:image

 

コラボで生み出される価値

思考

たとえば…

 

AとBをコラボ(?)してXという新しい何かを作ったとして。

 

そのXの''コラボしたからこその面白さ"を分かってくれて「あ〜っ‼︎なるほど‼︎」反応してくれるのは、おそらく、Aのことも、Bのことも熟知とまではいかなくとも、ある程分かっているなんだろうと…自分がA、B、Xの製作者側の立場ならば、そう思う気がする。

 

でも、もし、Xそのものが新たな画期的な価値を作り出していて、Xとして優れているのであれば、いままでAにもBにも全く関心がなかった人の目だって惹き付けるであろうから、それは喜ばしいことだと思うけどなぁ!

 

特に〝お客〟的立場の人でXに価値を見いだしているのであれば、元のAやBが云々、コラボが云々など、特に関係ないことなのではないか思う。。。とはいえ、Xの成り立ちエピソードに興味を持つ人たちや、成り立ちが分からないと気が済まないという人もいるだろうから、コラボの経緯や成り立ちエピソードをオマケ的にお知らせして差し上げるのもサービスの一つとしては良いかとも思うのだけれどね(笑)。。。

 

ただ、私のような直感的に「良いものは良い」「面白いものは面白い」を感じて判断する系の人には、ゴチャゴチャと、まどろっこしい屁理屈的説明は「いらね~~~~」と思ってしまうのですけれど。。。"(-""-)"

 

"コラボしたからこその面白さ"、要するに、分かる人にしか分からないようなオタク的価値(偏見ではなく、あまりに専門的過ぎて一部の人にしか分からないようなという意味での価値)へのこだわりがあまりに強く、そこを分かってもらうことを一歩も譲りたくないというのであれば、多様な価値観をもつ多くの第三者「あ〜っ‼︎なるほど‼︎」分かって反応してもらうことを期待するなんて、なんかおかしなことなわけで…

 

要するに、オタク的価値に徹底的に、とことんこだわり続けたいのであれば、多様な価値観をもつ第三者の顔色を伺って、気に入ってもらおうなどという思いは潔く諦めたほうがよいような気がする。

 

Xの〝X〟そのものとしての価値のみならず、同時にコラボ前のAとBの価値も「理解しろ!」なんていうのは、元となるAやBの製作者側にとっては、そりゃ思いが強いだろうから重要なのだろうけれど、、、純粋に〝X〟に価値を見いだしている〝お客〟的な人たちにとっては、AとBのコラボであるかどうかなんて、特にどうでもよいことのように思うなぁ。ちょっと傲慢だわよね。。。

 

そもそも元を辿れば、AだってBだって、もしかしたら何かのコラボ(?)で出来た産物なのかもしれないし…そこのところを曖昧にしてるくせに、Xだけではなく、AのことやBのことも尊重しろというのは、ちょっとねぇ…情けないように思うなぁ(笑)。。。

 

Pen-Pineapple-Apple-Pen

Pen-Pineapple-Apple-Pen

Pen-Pineapple-Apple-Pen

 f:id:miwako-amano:20161112181127j:image

不誠実アレルギー

思考

私は、不誠実な人が嫌いです。

世の中には不誠実な人を好む人もいるのでしょうか…?

いるのかもしれませんね。。。ちょっと、うらやましいかもしれない(笑)

 

不誠実な人には、いくつかのタイプがあるように思います。

 

・一見、誠実な風を装って実は不誠実な人

・一切、何も装うことなく、あからさまに不誠実な人

・人間なんて不誠実なものだと、まるで自分は悟っていますよ的な態度で不誠実さを正

 当化する不誠実な人

・不誠実という言葉が意味不明で考えることが出来ない人

・自分が不誠実であることを自覚すらできていない不誠実な人

・不誠実さを自覚しつつ不誠実な人

・誠実か不誠実かなんて面倒くさいからどうでもよくて考えない人

 

などなど…上記のように思い当たる不誠実な人の例をあげてみましたが"(-""-)"

 

こうして箇条書きにして眺めてみると、世の中、自分も含めて不誠実な人だらけですね(笑)

 

そもそも、〝誠実〟ってなんなんだっけ?どういうことが〝誠実〟なんだっけ?真の〝誠実〟って、ありうるのか?

 

〝誠実〟も、単なるコトバに過ぎないのだろうか…たぶん、そうなんだろうな"(-""-)"

 

こんなことを書いている私自身が〝誠実〟とは程遠い人なわけで、特に上記の「人間なんて不誠実なものだと、まるで自分は悟っていますよ的な態度で不誠実さを正当化する不誠実な人」、「一見、誠実な風を装って実は不誠実な人」、「不誠実さを自覚しつつ不誠実な人」の3つのあたりに該当しているような気がしていますが(-_-;)

 

でも、そうであったにしても、やはり、私は不誠実な人が嫌いです。

 

体裁をよくすること、きれいごとを言うこと、正当化すること、正義感に満ち溢れていること、偽善者、等々、これら全てが気持ち悪くて、気持ち悪くて、体中に蕁麻疹がでそうなのですが…

 

ま、不誠実アレルギーとでも申しましょうか"(-""-)"

 

私の場合、世の中を知らない子どもの頃や若いころの方が、このアレルギー反応は緩やかだったような気がします。年齢を重ねるとともに、さまざまな人生経験をしてきて、多くの免疫力がついて強くなったはずの現在の方が、このアレルギー症状が重症化しているように思うのですが…

 

それはさておき、不誠実な人というのは瞬時でわかりますね。そう、些細な言動で瞬時に相手に伝わるということですね。こう考えると、鈍感であることは罪深いなぁと思います。。。(汗)

 

さて、このような場合の処方箋は、いかに。。。"(-""-)"

 

せめて、アナフィラキシーショックを起こさないようにせねばっ!!

f:id:miwako-amano:20161111215539j:image

 

 

 

 

 

 

タッチ間違い

今日

今日の帰宅途中、思いっきり考えごとをしながら歩いていました。

 

駅に着いたので自動改札機を通るために、ICカードの定期をカバンからゴソゴソと取り出してピッとタッチしたつもりが、家の鍵の入ったキーケースを取り出してタッチしていた(^^;;

 

もちろんエラーで、通せんぼされましたが"(-""-)"

 

思わず、「あ、間違えたっ!」とひとり言にしては大きめの声で呟いてしまったからでしょうか、、、改札のそばにいた駅員さんは、「ありがとうございました」と言いつつも、クスクスと笑っていました💦💦

 

超・恥ずかすぃ~~~"(-""-)"

 

だって、うちのマンションのエントランスを入る時には、鍵の上部をピッとかざして「開け~ドア」なタイプのものですから、、、思わず勘違いしたようですね。。。

 

まぁ、とっても便利で良いのですが、あっちもピッ!こっちもピッ!で、私の頭はピッピッピ~~と、ときどき混乱するらしいっすよ~~"(-""-)"

 

困ったもんだね( 一一)

 

f:id:miwako-amano:20161111032154j:image

 

 

ポテトチップス?

ミニチュアコレクション

今日は私のミニチュアコレクションから、プチ・ポテトチップスのご紹介です!

製品名(?)は、「Choice Star」 らしいですね(笑)。。。

さぁて、このプチ・ポテトチップスのサイズは、どれぐらいだと思いますか?

 

f:id:miwako-amano:20161107005803j:image

 

 

正解は  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

f:id:miwako-amano:20161107010318j:image

 

ポテトチップスの一枚一枚をピンセットでつまんで、「Choice Star」の箱に入れる地味ぃ~~な地味~な作業が好きで好きで好きで♡楽しくて楽しくて楽しくて☆彡たまらないのです( *´艸`)

 

なので、何度も何度も、箱から出しては入れ、出しては入れ・・・を延々と繰り返すのです。。。2時間でも、3時間でも、4時間でも。。。そう、こうして毎日の時間が過ぎてゆく…過ぎてゆく…(-_-)zzz

 

とにかく、できるだけ世の中の何の役にも立たない(?)ことだけに集中して、そこにたっぷりと時間を使うのです。〝無駄(?)〟かどうかすら意識することもないほどに集中するのです。。。そう、何も考えないのです。。。(-_-)zzz

 

こういう時間の使い方って、とても贅沢だと思いませんか???(笑)。。。

 

ずっと、ずっと、ずっと、、、いつまでも、ただ、ミニチュアを眺めていられるだけで、私は幸せです(笑)☆彡

 

もう、いっそ、ミニチュアのプチの世界の住人になってしまいたいのです( *´艸`)

 

那須サファリパーク

今日

10月最後の週末は那須に遊びに行きました。

 

はちゃめちゃ自己中な仲良し(?)メンバーとの、相変わらずテンション高すぎ大迷惑な人間が集まった旅(-_-;)なのですが、疲労困憊するほど盛り上がり騒ぎました!(^^)!

 

4人の平均年齢は36.75歳、、、平均年齢を上げているのは誰?誰?誰?

 

「サファリパークに行きたいね!」の最初の計画から、たぶん7、8年は経過しているのではないか。。。やっと実現しました(笑)。。。

 

「シマウマの縦じまを横じまにしたいよね~~!」という目的は達成できませんでしたけど(???)、はしゃぎすぎて心地よく疲れた週末でした(汗)。。。

 

那須の気温は低く、風も冷たかったのですが、紅葉しはじめており綺麗でした!

 

サファリのバスではなくレンタカーだったので動物との距離が近くてスリルがありましたよ!

 

シマウマやシカたちに車を囲まれて運転が超大変(汗)。。。さいわいライオンはおとなしかったので助かりましたが(汗)。。。

f:id:miwako-amano:20161030193259j:plain

いやぁ~、それにしても動物たちの顔が近すぎてデカい。。。

餌をお口に入れてあげましたが、ベロもデカくてヨダレも半端ない。。。

目もでかくて目ぢからがスゴイっ!!

f:id:miwako-amano:20161030193725j:plain

小さめの動物とふれ合うコーナーもありました。。。

カピバラさん(←なぜか、いつも〝さん付け〟で呼んでしまうのですが・・・)

それにしても、サファリパークのいたるところにある餌用自動販売機!人参とか、近所のスーパーのほうが絶対安いっ!とか…思ってしまったけど。。。

f:id:miwako-amano:20161030194221j:plain

サファリパークで動物とふれ合ったあとは、ちょっと大人な感じで殺生石までドライブ!紅葉がはじまっており美しかったです!硫黄の匂いに包まれて~~~♨

f:id:miwako-amano:20161030194717j:plain

 

南ヶ丘牧場にも立ち寄って、ジンギスカン&濃厚アイスクリームを味わいました!

寒っ!

f:id:miwako-amano:20161030195138j:plain

次回は、富士サファリパークに行こう!ということになりましたが、果たして実現するのでしょうか???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ日帰り(?)の舞鶴

今日

昨日は、私の母の13回忌法要のため、お墓のある京都府舞鶴市まで行って参りました。私の住まいのある東京からせっかく行くのでゆっくりと…とは思ったのですが、翌日の予定もあり日程の都合がつかず、ほぼ日帰り(?)でした。

 

ほぼ日帰り(?)という表現は変なのですが…おととい金曜日の夜に仕事が終わってから、新宿バスタ(←今回初めて利用しました~)からの夜行バスで23時半に出発し土曜日早朝6時過ぎに京都駅に到着し舞鶴へ向かうというスケジュールで、昨日の夜には新幹線で東京の自宅に戻ってきたからです。

 

夜行バスの一泊で、一泊二日の旅とカウントするのは、なんとなく納得がいかないので(笑)、私の中では勝手に〝ほぼ日帰り〟と理解したっ( *´艸`)

 

夜行バスは、なんやかんやで値段は上がりましたが、それでも新幹線よりは少し安いし、寝ている間に着くという効率の良さを私は好んでいます!

 

そして、なぜか私は何よりも、早朝に家から出かけるのが昔から好きではないのです。「夜中に寝ている間に目的地に体が移動している」というのは、とても効率が良いと思います(-_-)zzz

 

私は、寝ることは大事だと思っていますが、特に枕にも布団にも場所にもこだわりはなく、「あの枕じゃなきゃダメダメ~~」とか一切ありませんので、眠ければ、いつでも、どこでも、どんな状態でも瞬時で寝る自信がありますので便利なつくりの体と性格です(*^^)v

 

とはいえ、年齢とともに、これが連続すると、さすがに疲れがたまるのかもしれませんが、今のところ、特に問題なく楽しんでいるので大丈夫でしょう~~!!深夜に3か所ほどのサービスエリアに止まりますが、最近のサービスエリアのrest roomは広いし、綺麗だし、数も多いし、本当に整っているなぁと常々感心します!

 

困るのは、夜行バスで到着した直後の最寄り駅の女性のrest roomの込み具合の半端なさです(汗)。。。そして、キャリーケースを持った女性の長蛇の列はトイレ部分ではなく、洗面所部分なのです。歯磨きや洗面&化粧のためです(汗)。。。いったい、なんのアトラクションかっ!話題のレストレンかっ!と勘違いするほどの長蛇の列には、いつもうんざりします(-_-;)
 
さて、早朝の京都駅では星乃珈琲でゆっくり朝食後、早速、舞鶴へGooo~~!
f:id:miwako-amano:20161023124211j:image
舞鶴は、私の父親が生まれ育った地でもあり、子どもの頃は天橋立や海水浴やらによく連れて行ってもらっていました。私がいつも利用する西舞鶴駅は数年前にリニューアルしたので、当時は今のようにきれいではありませんでしたが、今よりも商店街や観光地はもっと賑わっていたように記憶しているのですが…
 
でも最近は、駅前は小奇麗にはなりましたが商店街もシャッター街になり、、、土曜日の昼間であってもすれ違い人はまばらという、、、まなり寂しいですが、今後、観光などで元気を取り戻すのでしょうか???期待したいです。。。
 
思わず、人のいない商店街や街中を写メってしまいました。混み混み京都駅のresut roomの長蛇の列とはあまりの大違いの静けさに、なんだか複雑な思いがしました。。。
f:id:miwako-amano:20161023142827j:image
なんせ、今回は観光が目的ではなく時間もわずかだったので、法事が始まるまで軽く散歩程度しかできませんでしたので、西舞鶴駅から徒歩15分ほどの田辺城址に行きました。田辺城は別名舞鶴城と呼ばれ、細川幽斎(藤孝)が居城した城です。
城址内には子どもの遊ぶ公園があって、面白い遊具を発見!滑り台の遊具が〝お城〟になってる(笑)。。。この公園には、2、3組の親子がいましたが、やはり静かです。。。
f:id:miwako-amano:20161023142848j:image
法事を終えて、本当は天橋立(せっかく、先日のイグノーベル賞でちょっぴり話題にされているかもしれないので…)に行きたかったのですが、今日中に帰るには、とにかく電車の本数と乗り継ぎが難しかったし、小雨も降っていてあいにくのお天気だったので諦めました。
 
でも、若狭湾は少しでも見て帰りたかったので、手近なところで、五老スカイタワーまで行って、展望台から景色を堪能してきました。う~~ん、青空だったら綺麗だったろうなぁ~~。。。
f:id:miwako-amano:20161023153434j:imageちょっぴり風が冷たくて寒かったですが、またまた気分はリフレッシュ!!
慌ただしかったので夕飯は帰りの新幹線でお弁当で済ませましたが、急いで適当に買った割には鮮やかで秋らしいお弁当で満足♡食後は東京まで爆睡しました(-_-)zzz
f:id:miwako-amano:20161023151758j:image
 
 
 
 

 

 

赤飯好き

感想

どうやら私は赤飯好きらしいです(o^^o)

 

最近、しょっちゅう食べている気がします。ここ数日、特に赤飯がマイブームとなっています。

 

家でも普段から炊きますが、お昼用に、お店で買ったり、コンビニの赤飯おにぎり🍙も、しょっちゅう食べてますよ!

 

「なにか、おめでたいことがあったの?」と訊かれることもありますが、特にありません(笑)‼︎

 

というか、常々、自分が相当に「おめでたい性格である」ことは、一応、自覚していますが(o^^o)

 

赤飯、実は子どもの頃は、あまり好きではなかったのですよ。だって…もち米の感触と、固めの小豆の感触のアンバランスさに納得がいかなかったのです。それに、小豆は甘く煮ているのが好きだったから。赤飯の小豆は甘くないからです💦

 

なので、子どもの頃は、赤飯の小豆だけを取り出して、ご飯だけを食べてました💦

 

しかし、今は大違い(o^^o)‼︎あのもち米と小豆の固さのアンバランスさが気に入っていて、さらに、甘くない小豆も好きになりました。

 

ちなみに、私、赤飯にごま塩をかけない方が好きなのです(笑)!バクバクといくらでも食べてしまいます(^。^)

f:id:miwako-amano:20161022075232j:image

f:id:miwako-amano:20161022075247j:image

秋のバラ園でリフレッシュ

花日記

はやいもので、もう10月も半ばを過ぎましたね。。。

 

ふと気がつくと、日が暮れるのが早くなっていて、上着を羽織りたくなる季節ですね。。。

 

10月は一年のうちで大好きな月でもあります( *´艸`)

 

今日はお休みだったので、「そうだ」と思いついて久しぶりにカメラを持って秋の薔薇を見に行きました♡♡♡

 

ちょうど今頃が見ごろかなと思って行ったのですが、今年は9月がどんよりとした天気の日が続き日照不足だったからなのでしょうか、少し遠慮気味な咲き方の薔薇たちでした。

 

でも、大好きな薔薇の香りに包まれて、おかげさまでリフレッシュしました!

 

またまたいつもの通り、気づいたら150枚くらい薔薇のの写真ばかりを撮りまくっていました💦💦💦毎年毎年、同じ花の写真ばかり撮りまくってどうするんだ~という気もしますが、、、

 

でも、撮っている時は無心で時間が経つのがわからないくらい心地よく、、、帰ってから画像を整理するのも、またまた時間を忘れてしまうくらい楽しいのですから。。。

 

さぁて、思いっきりリフレッシュできましたので、また明日からパワーアップで元気いっぱい過ごしますぅ!(^^)!

f:id:miwako-amano:20161016202220p:plain

 

f:id:miwako-amano:20161016203958p:plain

 

f:id:miwako-amano:20161016204116p:plain

 

f:id:miwako-amano:20161016204145p:plain