逃げられない人

 新たに、読書カテゴリーを作りました。余裕があるときにボチボチ更新します(笑)

 ちなみに、ここでご紹介する本は、私が参加している読書会で読んでいるものとは一切無関係です。全くの私の娯楽的読書です(笑)。念のため、あしからず!

 昨年、タイトルに魅かれて手に取った本!

 読んでみて、私自身というよりは、周辺のあちこちに沢山いる気がして、「いるいるぅ~」と思いながら読みました。私自身は、自分では一応、「逃げられない人」の分類には入るタイプでは無いように思うのですが、さて、どうなのか???

 読みやすい文章で、私的には、さら~っと気軽に読みました。何度も、「いるいるぅ~」と、思わずつぶやいてしましたした。

 

[タイトル]『他人の支配から逃げられない人』

[著者]片田珠美

[著者プロフィール]精神科医、京都大学非常勤講師

[出版社]KKベストセラーズ ベスト新書

[目次]

第1章 どこにでもある、逃げられない人間関係

第2章 なぜ、その人間関係から逃げられないのか

第3章 逃げられなくなるのは誰か

第4章 誰が逃げられない状況をつくるのか

第5章 逃がさない人は何を考えているのか

第6章 処方箋

[私が特に興味を持った箇所]

☆彡第3章より、逃げられない人の5つのタイプの分類について、以下引用です。

①安定死守型

・日々平穏であることを望み、将来が見渡せることに安らぎを見出す

・就職では、公務員や一部上場企業に執着することが多い

・終身雇用を前提にした生活設計をしており、安定の対極にある失職を何より怖れる

・家庭でも家計の安定や子どもの将来を最優先に考え、そのためには、多少理不尽なことや不満があっても、我慢するという行動を取りがち

②トラブル回避型

・①と同様に平穏こそが一番というタイプだが、収入や身分の安定を求めるより、争うことを嫌う傾向が強い

・職場では、率先して意見を言ったり、先んじて何かしたりすることはなく、同僚など仲間が窮地に陥った際には、トラブルに巻き込まれないように息を潜める

③承認渇望型

・周りの人に認めてもらうことで安心するのがこのタイプ

・上司から無理難題を押しつけられても、同僚に込み入った頼みごとをされても、何とか答えようとする傾向がある

・傍目には、真面目でいい人のように映るが、実は、認められるためにはいかなる犠牲も払うという打算が働いている

④完璧主義型

・何事も完璧にこなさなければとならないと思いこんでいるタイプ

・物の見方がオール・オア・ナッシングになりがちで、仕事においてもプライベートにおいても、100点満点の結果ばかりを求める

・転職、異動願、離婚などは、経歴に傷をつけるものであり、みずからの敗北であると捉え、あまりえらぼうとしない

権威主義

・権威に寄りかかることで自分の価値を高めようとするタイプ

・腰巾着とも呼ばれる

・必ずしも権威や権勢のある人に寄りかかるだけでなく、イメージのいい企業に所属することに喜びを覚える人もこれに含まれる

・権威ある人の言うことは絶対であり、むしろ進んで追従する

☆彡5つのタイプの根底にあるものとは?

 著者は、上記のタイプの分類について、「やや皮肉な表現を用いたが…」と前置きしながら、こうした志向は誰の心の中にもあることで、どれか一つにピタリ当てはまるということではなく、複数のタイプが混在していることのほうが多いと述べており、その根底に共通してあるものについて、次のように説明している。

 これらのタイプの根底には、〝自己愛〟(自己防衛本能と言い換えてもいいかもしれない)が存在する。その自己愛ゆえに他者からの承認を欲するし、自分を守るためにも理不尽な命令に従い権威のある人の近くにいることで自己愛が満たされる場合がある。

 自己愛は誰の中にもあるものだし、それ自体は否定すべきものではないが、過剰な自己愛はときとして、自分を追い詰めることとなり、結果、逃げられなくなってしまうこともある。

[私の感想]

 なるほど。。。とても分かりやすい分類で、「あるある」と何度呟いたことか(笑)このような視点で、世の中の人たちを眺めてみると、「そうか、だから、あの人は、このような行動をとるのだな」と腑に落ちることもある。

 まぁ、私は人が私のことをどのように思っているかどうかは別として、自分では常に「他人から距離を置いて逃げ回っている人」オーラを出しまくっているつもりなのであるが(というか、オーラ出し過ぎて、誰も私に近づかない???とか???)、、、まぁ、まったく理解できない訳でもないので、「逃げられない人」を少し、気の毒だなぁとは思ったりもする。

 怪しげな教祖のいる何かの宗教の信者にも似ている気がする。。。怪しげな宗教など論外だが、私的には、どんなに一見もっともらしく思えて、〝まとも〟に思えるような類のことであっても、それが、ある種の〝権力〟みたいになった場合には巻き込まれたくはない。そこに支配されてコントロールされることは極力避けたいと思う。でも、そうすると、社会性がないとか、協調性がない、組織に皆で力を合わせない人と捉えられてしまうのだろうか???その程度のものならば、たぶん、大したことではないのだから、私だったら、そんなもの捨ててしまって支配されずに逃げる勇気を持ちたいと思うけどね(笑)。。。

f:id:miwako-amano:20160528165857j:plain