読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツクツクボウシ

妄想

さきほど、ツクツクボウシの鳴き声がきこえました。。。

 

なんでしょう、世の中は至る所で夏休みムードが漂いつつあるというのに、そして、関東は梅雨明けはどうなっているのやら分からないこの7月23日という時期に、、、ツクツクボウシの声…

 

おもしろいですね。。。ツクツクボウシの声を聴くと急に、なんとなぁ~~く寂しい気分になるのは、子どもの頃の「あ~あ、夏休みが終わっちゃう!」という感じが蘇ってくるからでしょうか(-_-;)?大人になると、それほど関係ない気もするのだけれど(笑)。

 

八丈島には、セミはツクツクボウシの一種しか生息していないというようなことも何かで聞いたことがあるし、まぁ、自然界のことですから季節外れ的なことはしょっちゅう生じるわけですけれどね。。。

 

ま、、、先ほど鳴いていたツクツクボウシは、たまたま、うっかり(←かどうかは知らないが…)早く世の中に出てきてしまったのでしょうね。。。きっと、セミの一般的な世間とズレズレなるセミだったのでしょうね。なんだか親近感があるわぁ(笑)!

 

そして、ここで、以下のような私の妄想が始まってしまったのであった。。。

妄想のタイトル『(株)セミ』

 

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

まだ梅雨の明けない、7月のある日のこと。

 この春に(株)セミに入社したばかりの新入社員、つくつくぼう氏は、午前中の打ち合わせを終えたあと、慌ただしく営業に出た。昨日までは先輩と一緒にお得意先まわりをしていたのだが、今日は急遽、新米のつくつくぼう氏が一人でお客様のところに営業に行かなくてはならないのだった。緊張っ!

 これまで先輩に教わった通り、アブラゼミクマゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ(これには、別途トレーニングと資格が必要)など、何種類かのセミの鳴き声をマスターして、お得先のニーズに合った適切な鳴き方を提供しなければならないのだった。

 しかし、この日、初めて一人で営業にまわったつくつくぼう氏は、ウッカリ間違って、今の時期に営業すべきでない「ツクツクボウシ」の鳴き声を提供してしまったのだった。。。

 つくつくぼう氏自身も、「🎶ホ~シ ツクツク・・・」と鳴き始めたあたりで、「し、しまった、間違えたっ!」と気づいたのだが、一度鳴き始めたら止めることができず、、、結局最後まで鳴いてしまったのだった。。。

 その後、、、(株)セミのコールセンターにはクレームの電話があり、「まだ夏休みに入ったばかりなのに、子どもたちががっかりしている!どうしてくれるんだ!」、「営業妨害だ!(アブラゼミ様、クマゼミ様より)」、「地球温暖化がさらに進んだのか?生態系がおかしくなったのか?天変地異でも起こるのかぁ~~~」など。。。コールセンターでは対応に追われていた。

 その後、つくつくぼう氏は、どうなったのだろうか???始末書で済んだのだろうか???そんなことは私には知る由もないのだが…

         気が向けば… to be continued

 

f:id:miwako-amano:20160723144209j:image