読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家を間違えた

今日

昨夜、自分の家を間違えました(笑)!

 

もうちょっとのところで、よそのお宅の玄関のドアに鍵を差し込むところでした(汗)。。。

 

まぁ、マンションなので、どこのお宅も同じような造りなのではありますが・・・

 

そもそもの間違いはエレベーターで降りる階を間違えたことが原因なのです。。。

 

私は、エレベーターで人と一緒になることは滅多にないのですが、昨夜は珍しく、私を入れて3名も乗っていたのです。なんか、住んでいるマンションのエレベーターで住人と一緒になるのって、私、なんとなく苦手なのですね…エレベーターが狭いせいもあるのかもしれませんが…

 

それで、私は急いで3人目に乗り込んだので「こんばんは~」と軽く会釈をしてご挨拶をしたあと、慌てて自分の降りる階のボタンを遠慮気味にチラッと確認したのです。そしたら、私の住んでいるフロアの階のボタンが点灯していたように思ったので、ボタンは押しませんでした。その時に、「あ、同じフロアの人がいるんだぁ」くらいのことは思った気がします。。。

 

私、同じフロアでも、引っ越しの時にご挨拶に来られたお隣の方の顔しか覚えていないのですね。。。覚えていると言っても、街ですれ違ったら分からないと思う程度の、なんとなくの覚え方ですが…

 

そして、私のフロアに「着いた」と思って降りました。私の後方から、もう一人、男性が私と同じ階で降りました。私の歩く方向と同じ方向に歩いてくるのが分かります。その男性は、私が通り過ぎたお宅の鍵を開けて入って行かれました。そこは、私が唯一、住人の顔を何となく覚えているお隣さんのお宅のはず…

 

「あれ???お隣のご主人って、あんな風貌だったっけ???」、、、顔はハッキリ分からなかったのですが、明らかに髪型が違ったのです。明らかにです!だって、髪型が、、、丸坊主というか、光り輝く艶のある洒落た感じのスキンヘッド☆彡だったのですもの!!少なくとも、ちょうど一年前の引っ越しの時にご挨拶に来られたご夫婦は、確かまだ若いカップルで、ご主人は確かに髪の毛がフサフサあったはず"(-""-)"

 

まぁ、、、一年でスキンヘッドになさったのかもしれないね。。。でも、なんだか、背も低くなられたような気がする???きっと髪の毛が無くなった分、背が低くなったように感じるんだわ…とか思いつつ、自分の家の前まで来た。

 

そして、家の前まで来ると廊下に面した夫の部屋に明かりがついていたので、「あ、今日はもう帰ってるんだ!私より早かったのね…あ、次男の部屋は電気がついてないから、まだ帰ってないのね…」と思った。。。

 

さらに、、、あれ~~~???玄関のドアの横の新聞受けに引っ掛けるタイプの〝虫よけ〟が掛かっていた。。。「あら、気が利くわね!そうそう、私もそろそろ玄関に〝虫よけ〟要るなぁって思っていたところなんだよね~~!準備してくれたの夫かな?長男かな?以心伝心だね~~!」とか思いながら、バッグから鍵を出し、鍵穴に差し込もうとした瞬間。。。知らない人の表札が目に入った。。。我が家は表札を付けていないので。。。

 

(-_-;)💦(-_-;)💦(-_-;)💦(-_-;)💦ま、ま、ま、間違えた~~降りる階を間違えた~~~

 

あれ~~~???確かに、エレベーターのボタンの数字、確認したつもりだったのになぁ~~~、、、私の勘違いだったんだぁ~~~💦

 

そうかっ!ということは、お隣のご主人、スキンヘッドで背が縮んだのではなかったのだぁ~~~~~~( ´艸`)

 

そう、、、そして、本当の(?)我が家には、夫も次男も、まだ帰宅しておらず、明かりなどついていなくて真っ暗、、、ましてや、新聞受けのところに〝虫よけ〟なんて、無くて、昨日片付け忘れた見覚えのある雨傘が無造作に引っかかっているだけだったのです。。。だから、以心伝心もなかったのです(笑)!!あぁ、、、でも、これこそ我が家なのです(-"-)

 

それにしても、、、思い込みってスゴイ!絶対に自分は間違ったと思わなかったんだもの。。。自分の都合のよいように解釈し過ぎの自分に驚いて、家に帰って爆笑してしまったのでした( *´艸`)

 f:id:miwako-amano:20160804022200j:image