読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と勉強

主張

今日は、ゆっくり静養した夏休みも間もなく終わりだし、ちょっと真面目で現実に沿ったことを(いつも非現実的(?)でぶっ飛んでいるので(笑)…)、考えています。。。

 

仕事(まぁ、職種や専門性にもよるでしょうけれど…)と、その仕事に関連する勉強やスキルアップをすることについてです。

 

私は幼少の頃から親に、「人間、死ぬまで勉強!」「大人になったら毎日が試験みたいなもんやで!(←関西人です)」「いつでも、どんなことからでも勉強することはできる!」と言われ続けて来ました。もちろん、私もその通りだと思います。なので、いつもその言葉を心に留めて生きて来ました。

 

特に専門的な技術を必要とする例えば医師などは(もちろん医師だけじゃないですが)、日々、医療の技術が進歩して新しい薬も開発されるのでしょうから、最新の勉強を怠った時点で、かなりマズイわけですよね?だから、日々研鑽、研鑽は当然だと思います。

 

でもそれは、仕事であるため報酬を得るわけですから、その仕事のための知識の習得やスキルアップのための勉強(例えば医師ならば学会への参加とか?)も仕事の一環ですよね?

 

とても勤勉(という表現が適切かどうかはわからないが…)な人は、おそらく、プライべートでも仕事にまつわることを常に考えている場合も多々あるでしょう。中には、その分野にドップリ浸かり過ぎている場合、仕事が趣味化しているような場合もあるのでしょう。

 

そうすると、当然というと言い過ぎかもしれませんが、仕事が趣味化している人の方が、プライベートな時間を使って仕事にまつわる勉強やスキルアップに時間を使っているわけですから、知識的にも技術的にもアップしやすい傾向にあるだろうと思うわけです。

 

しかし、そうすると、いわゆる仕事とプライべートの境目が分かりにくくなるわけですよね。それはそれで仕方がないというか、人それぞれかとも思うのですが…

 

そこで、私が幼少の頃から言われ続けていた「人間、死ぬまで勉強!」「大人になったら毎日が試験みたいなもんやで!(←関西人です)」「いつでも、どんなことからでも勉強することはできる!」を当てはめた時に、まぁ、「なるほど」と思うわけです。

 

ただし、私が幼少期に親から言われた「勉強」とは、必ずしも学校の試験みたいなことや、仕事で必要なスキルに限ったことではなく、人として生きていくうえでの様々な〝学び〟のことだと解釈しています。なので、自身が携わり報酬を得るための仕事のためだけの「勉強」ももちろん含みますが、もっと幅広い「勉強」のことだと私は理解しています。

 

ただ、忙しく長時間働く人々のなかには、プライベートまで仕事もしくは仕事に関する勉強で埋め尽くされている人々も多く、私の頭はいつも「???」になるのです。

 

別に、人それぞれのスタイルがあるかと思うので自由で構わないとは思うのです。ただ、それは、これからの世の中、決して褒められたことではないのではないかと思うのです。そのような働き方をする人が一部居るのは止むを得ないにしても、それを「素晴らしい」と褒めたたえて強調するのはいかがなものかと…

 

だって、例えば、せっかく育児休暇を取得して、じっくりと我が子の子育てに向き合おうとしている母親や父親を、さらに追い込んで休暇を取りにくい雰囲気にさせるのではないか?

 

これは、あくまでも単なる例えです。

 

人が生きるための「勉強」は、報酬を得る仕事にまつわることに限ったことではなく、もっともっと幅広いものだと思うのです。遊びのような趣味から学ぶことだって多いわけだし。なんでもかんでも、無理やり仕事に関連づける必要もなく、全く単独で良いと思うし。

 

例えば、「子育て」や「介護」や「趣味」や「病気療養」だって、捉え方によって、そこらから学ぶことは多々あるわけだし。必ずしも仕事の分野に結び付く勉強ばかりが優れているというわけではではないでしょう?というか、何も、屁理屈こねて無理やり仕事の分野に結び付ける必要もないでしょうからね(笑)。。。

 

ワークライフバランスとか、そこらじゅうの人が軽々しく言ってるけれど、仕事と生活や趣味とが、運良くたまたま一致した恵まれた一部の人にとっては、仕事が「やりがい」があって「生きがい」で、寝ても覚めても「仕事」で満足なのかもしれないけれど、それを「素晴らしい」と褒めたたえる世間の雰囲気がある以上、バランスのとれた仕事と生活なんて世の中に実現するわけないじゃんと思ってしまうのですが。。。私の考えって非常識ですか?

 

身体や精神を病むほど仕事に没頭する人たちが沢山いる世の中って、ちょっとオカシイと思う。。。

f:id:miwako-amano:20160819025109j:image