読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ、自殺してはいけないのか?

以下の青文字部分は、先日のニュース(NHK NEWS WEBより引用)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 全国の20歳以上の男女を対象に財団法人が実施した自殺に関する意識調査で、4人に1人が、「本気で自殺を考えたことがある」という結果がまとまりました。

 この調査は先月、日本財団がインターネットを通じて全国の20歳以上の男女4万人余りを対象に行いました。
 それによりますと、「本気で自殺を考えたことがあるか」という質問に対し、「ある」と回答した人はおよそ4人に1人の25.4%に上りました。
 理由については、複数回答で、男性では仕事や職場の人間関係など、勤務に関する問題が44%と最も多く、次いで、負債や失業などの経済的な問題と、健康に関する問題がそれぞれ40%でした。女性では、家族関係や子育て、介護など、家庭に関する問題が55%で、次いで健康に関する問題が38%、いじめや学業の不振など学校に関する問題が30%でした。
 また、過去1年以内に自殺を図り、未遂だった人は20代と30代を中心に、推計で53万5000人に上り、ほぼ半数が誰にも相談していなかったということです。
 調査を行った日本財団笹川陽平会長は、「自殺を意識している人がこれほど多いというのは驚くべき結果で、社会としてセーフティーネットを整備する必要がある」と指摘しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

う~~ん!「本気で自殺を考えたことがあるか」という質問かぁ…ちなみに、ここで言う「本気」で考えたとは、どのあたりの〝考え〟までを「本気」とするのだろうか?たとえば、自殺のための具体的な方法を考えたとかも「本気」の部類に入るのかなぁ?

 

その程度、、、と言っちゃうと、若干の語弊があるのかもしれないのだけれど、例えば具体的な自殺の方法とかだったら、考える人は結構いるんじゃないのか?と思うのですが。。。

 

4人に1人って、多いのか少ないのか分からないわ。。。私的には、別に多いとは思わなかったのだけれどなぁ"(-""-)"

 

普通、考えないものなのか?

 

少なくとも、私自身を振り返ってみた時に、実際に自殺を行動に移すかどうかは別として、「どうすれば、この世の中から楽に消えることが出来るか?」とか、「どうすれば、苦しまずに死ぬことができるか?」と言うことは、何度も考えたことはありますけど(笑)!これって、もしかして、少数派だったの???(笑)

 

むしろ、考えない人っているの???ぐらいに思うのですが。。。

 

まぁ、思考が相当に極端になり、意識がもうろうとしながら切羽詰まった感じで自殺の方法を考えたり…何度も自殺未遂を繰り返したり…というレベルの「本気」さのこととは、ちょっと違うように思うのだけれど。。。

 

そこまで深刻な段階まで行っている人が4人に1人とは思いにくいなぁ(笑)。。。だって、それじゃ、うちの4人家族や友人の4人家族のうちとかにも、家族の誰かがそういう状況だと想定すると、、、さすがにちょっと考えにくい気がするなぁ。。。

 

なので、なにかシンドイことがあって「あぁ、死んでしまいたい!死のうかなぁ!」程度ならば、割と居そうですけどね!

 

しかし、、、そもそも、なぜ、自殺してはいけないのですか???私には全く分かりません!誰か教えて欲しいです。。。誰か〝正解〟を答えられますか?

 

よく、自殺する人を止める時に、「あなたが死ぬと、私が辛いから…」とか言う言葉をかける場合があるらしいけど、もし、私が止められる立場の人だったら全く効果が無いでしょうね(笑)!だって、「あなたの辛さなんて、私の知ったこっちゃない!そんなことを配慮している余裕はない!」と思ってしまいそうですが(笑)。。。違うかなぁ!

 

なので、私には、死のうとする人を、どうやって防ぐかなんて、全く分かりません。せいぜい、無理やり力づくで押さえつけて、その瞬間をとりあえず止めさせるというような、対処しかできないのではないか…もしかしたら、それすら、出来ないかも…

 

でも、やはり、わからない。考えても考えても、誰の意見を聞いても、どんな本を読んでも、なぜ、自殺してはいけないのか?について、私が納得のいく回答をしてくれるものには、いまだかつて、出会っていない。。。宗教からだって、哲学からだって、納得のいく答えはえられない。。。

 

自殺だけではない。そもそも、「死」というものに対して、タブーな雰囲気で思いっきり、堂々と話しにくい雰囲気が漂っている世の中が、私的には気持ち悪くて仕方がない。。。

 

なぜ、そんなにタブーにするのか?

 

自殺であろうがどんな「死」であろうが、もっと、日常的に習慣的に考えるべきなのではないのか?

 

そもそも、「死」について、考えない日が無い人って、大人でいるの?一日のうちの一瞬でも、頭を過ぎったりしないの?「死」を意識しないということは、今、この瞬間「生きている」ということも実感していないということだと思うのだけれど…それって、私的には理解できないです(笑)。。。

 

よほど、考えたくなくて、向き合うことができなくて、日々の忙しさと称して考えないように、見ないようにしているだけなんだと思うけどな!

 

なにも切羽詰まってまで病的に考えろと言っているのではなく、冷静な気持ちで日々、ほんの数秒でもいいから、きちんと考えて向き合う習慣があったほうが良いのではないかと思うなぁ。。。

 

きっと、納得する答えなど、永遠に出てこないのだと思うのだけれど。。。

だから、ただ問い続けることしか出来ないのだろうとは思うのだけれどね。。。

f:id:miwako-amano:20160911031449j:image