読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人との適度な距離を保つこと

先日、突如、ある友人から電話がかかってきた(女友だちデス!)。 

何年ぶりだっただろうか???8年以上かも。。。

 

当時は、確か…ときどき一緒に食事に行ったり、仕事の話をしたりもしていた。

 

ただ、それほど気が合っていたわけでもなく…気心の知れたというほどでもなく…仕事も絡んでいたこともあり、あくまでも社交辞令的な付き合いだったように記憶している。。。

 

実は、互いにそれほど仲が良かったわけではなかったのだろうと思う。どちらかと言うと、私にとって彼女はちょっと苦手なタイプだった気がするので、私は、ある時期から彼女と距離を取るようにしていた。。。

 

いや、でも、もしかしたら向こうも、私のことが苦手だったのかもしれない。だから、彼女も私と距離を置いていたのかもしれないのだが(笑)。。。

 

でも、私は、間違いなく彼女と出来るだけ関わらないように避けていたというか、あたりさわりのない必要最小限の範囲で付き合っていた記憶があるのです。。。きっと、マジで衝突したら、ちょっとマズい予感がしたのでしょうね(苦笑)。。。その辺の分別は、私にも一応、身についているようですので"(-""-)"

 

しかし、先日、久しぶりに彼女から電話がかかってきて、久しぶりに喋ったのですね。

 

なんだか不思議な感じがしました。「あらぁ~、お久しぶり~!お元気?」と声をあげつつ、あまりに久しぶりのための驚きと共に、ちょっぴりの気まずさ…(苦笑)。。。

 

当時と同様に、当たり障りのない社交辞令的なご挨拶をして、彼女の用件を聞くために耳を傾けました、、、その間、いったい、私は、彼女のどういうところを苦手に思い、何を避けるために、これほどまでに距離を取っていたのかを思い出そうとしていたのですが、なぜかどうしても思い出せませんでした。。。

 

なんだろう???今、電話で話をした限りでは、私の中に、当時抱いていたであろう苦手意識が生じなかった。。。

 

そもそも当時、私は彼女の何を避けていたのだろうか???電話を切ってからも、しばらく考えて、思い起こしてみたのだけれど、やはり思い出せない。先ほどの電話でも、特に何も不快な感じは生じなかった。。。

 

いったい、なんだったんだろう???

 

 距離を置いていたのが功を奏したのだろうか。。。

  

そういえば、我が家では、家族関係でもそれを実感しているのだった。一時、夫と私は、超・超・仲が悪かった時期が数年あった(-_-;)。もう、ダメかなと思ったけれど、別れるのも結構手続きが面倒くさかったので、〝夫〟だと思わずに〝ただの同居人〟だと思うようにしていた時期があった(-_-;)(-_-;)(-_-;)夫よゴメンね!でもきっと夫もそうだったのではないかと思うけど( *´艸`)

 

必要最小限の会話しかしない時期が長期間続いた記憶が(-_-;)

 

しかし、、、あるとき気づいたら、普通に会話して冗談言い合って笑い合っていた。一緒にレストランに食事に行ったりするようにもなっていた。。。そして、今も、特に普通な感じ…昔と変わったのは、ケンカをしなくなった、、、というか、正確には、ケンカをお互いに避けるようになった、、、という気がする。。。

 

不思議だ。。。

 

人間関係には、互いに適度な距離を保つのが良いというのは経験上も分かっているのだが、今回の電話の友人の場合は、年月的にも結構長く〝距離を取った〟と思うのだが、「相手の何が嫌だったか」すら、思い出せないほど…というのは、自分ながらスゴイ!と思った(笑)!

 

もしかして、単に、加齢の影響で物忘れが酷くなっただけだったりして…( ゚Д゚)

 

ま、それはそれでいいか(笑)🎶

 

まぁ、だからと言って、これから頻繁に会って一緒に何かをするというわけではなく、単に、ちょっと私へのお訊ねごとがあって、私のことを思い出して連絡をくださったというだけのことだったのですが。

 

でも、私の中にあった昔の〝わだかまり〟のようなものが、なんとなく少し解けたような気がした。。。

 

嫌なことを上手に忘れることが出来るのって、大事なことだなぁと改めて思った。。。でも、きっと、そんなに簡単なことではなさそうなので、そんなにいつもは上手く出来ないかもしれないのだけれどね☆彡☆彡☆彡

 

だから、自分にとって苦手で嫌な人とも〝絶交〟などというのではなく、程良い距離を保って関わるのが良いように思った。。。難しいけれど、人との距離間って大事だね。。。

 

f:id:miwako-amano:20160913035613j:image