読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コラボで生み出される価値

思考

たとえば…

 

AとBをコラボ(?)してXという新しい何かを作ったとして。

 

そのXの''コラボしたからこその面白さ"を分かってくれて「あ〜っ‼︎なるほど‼︎」反応してくれるのは、おそらく、Aのことも、Bのことも熟知とまではいかなくとも、ある程分かっているなんだろうと…自分がA、B、Xの製作者側の立場ならば、そう思う気がする。

 

でも、もし、Xそのものが新たな画期的な価値を作り出していて、Xとして優れているのであれば、いままでAにもBにも全く関心がなかった人の目だって惹き付けるであろうから、それは喜ばしいことだと思うけどなぁ!

 

特に〝お客〟的立場の人でXに価値を見いだしているのであれば、元のAやBが云々、コラボが云々など、特に関係ないことなのではないか思う。。。とはいえ、Xの成り立ちエピソードに興味を持つ人たちや、成り立ちが分からないと気が済まないという人もいるだろうから、コラボの経緯や成り立ちエピソードをオマケ的にお知らせして差し上げるのもサービスの一つとしては良いかとも思うのだけれどね(笑)。。。

 

ただ、私のような直感的に「良いものは良い」「面白いものは面白い」を感じて判断する系の人には、ゴチャゴチャと、まどろっこしい屁理屈的説明は「いらね~~~~」と思ってしまうのですけれど。。。"(-""-)"

 

"コラボしたからこその面白さ"、要するに、分かる人にしか分からないようなオタク的価値(偏見ではなく、あまりに専門的過ぎて一部の人にしか分からないようなという意味での価値)へのこだわりがあまりに強く、そこを分かってもらうことを一歩も譲りたくないというのであれば、多様な価値観をもつ多くの第三者「あ〜っ‼︎なるほど‼︎」分かって反応してもらうことを期待するなんて、なんかおかしなことなわけで…

 

要するに、オタク的価値に徹底的に、とことんこだわり続けたいのであれば、多様な価値観をもつ第三者の顔色を伺って、気に入ってもらおうなどという思いは潔く諦めたほうがよいような気がする。

 

Xの〝X〟そのものとしての価値のみならず、同時にコラボ前のAとBの価値も「理解しろ!」なんていうのは、元となるAやBの製作者側にとっては、そりゃ思いが強いだろうから重要なのだろうけれど、、、純粋に〝X〟に価値を見いだしている〝お客〟的な人たちにとっては、AとBのコラボであるかどうかなんて、特にどうでもよいことのように思うなぁ。ちょっと傲慢だわよね。。。

 

そもそも元を辿れば、AだってBだって、もしかしたら何かのコラボ(?)で出来た産物なのかもしれないし…そこのところを曖昧にしてるくせに、Xだけではなく、AのことやBのことも尊重しろというのは、ちょっとねぇ…情けないように思うなぁ(笑)。。。

 

Pen-Pineapple-Apple-Pen

Pen-Pineapple-Apple-Pen

Pen-Pineapple-Apple-Pen

 f:id:miwako-amano:20161112181127j:image