読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩みや不安の解消って?

主張

悩みや不安って無きゃダメなのでしょうか?

 

まぁ、そういう私だって、完全なる能天気なわけではなく、悩みや不安が皆無というわけではないのですが…かと言って生きられないほど辛いわけではない。。。

 

悩みや不安が無ければどれだけ快適に暮らせるだろうかと思うこともあるけれど、たぶん、皆無であることはあり得ないのではないか?小さな悩みや不安程度は誰でも一つや二つや三つや四つ…(笑)はあるだろう!

 

で、私が日々思うこと。その人にとって特に表立ってない悩みや不安を、他者がわざわざ関わって根掘り葉掘り聞きだして穿り出して浮き彫りにして、さらに専門家などと称する人があ~だこ~だと関わって「問題だ~!問題だ~!あ~するべきだ~!こうするべきだ~!」と騒ぎまくる必要がどれほどあるのだろうか…?

 

「別に、特に悩んでませんけど…」

「特に、不安じゃありませんけど…」

「別に、それほど困ってませんけど…」

「特に、大変な問題だとは思いませんけど…」

 

っていうのでは、ダメなのでしょうか?

 

上記、この世の中を少しでも楽に生きるためにはとても大切な力だと思うのですが(笑)。。。違います???

 

ダメなのだとしたら、なぜ?

 

いや、わかるよ。生きているとさまざまなことがあるので、悩みや不安は、まずゼロではないですよ。たぶん誰だって悩みや不安は多かれ少なかれ抱えているもので、それらと常に〝共存〟しているのではないですか?

 

悩みや不安と共存しつつ、完全にスッキリはしないままに、でも、なんとか自分の中であまりに大きく辛い方にばかり傾かないように、ゆる~く揺れ動きながらバランスを取って中間あたりで〝共存〟状態を保って日々過ごしている人って少なくないのではないかと思うのだけれど。。。

 

どうしようもないほどの悩みや不安、日常生活が危うくなるほどの悩みや不安、心身に異常をもたらすほどの悩みや不安、生きづらく、生きているのが苦痛で苦痛でたまらないほどの悩みや不安ならば、それを支えるための専門家と称する人の意見や介入は必要なのだろうとは思うのだけれど。

 

でもさぁ、それほどでもない悩みや不安を、わざわざ煽って大きな本格的な悩みや不安に昇格(?)させる必要があるのかね?

 

何とか自力でバランスを取って、上手く自分で折り合いをつけて納得して生きている人に向かって「何か悩みや不安はありませんか?」「悩みあるでしょう?」「不安あるでしょう?」「それって問題ですよ!」「解決するべきです!」とか煽って悩みや不安をわざわざ表面化させる必要ってあるのですか?

 

その必要があるとすれば、なぜ?

 

人がより良く生きるため???

 

仮にそうだとして…じゃぁ、より良く生きるってなに?誰にとって?自分にとってより良ければ、他者にとってより良くなくても構わないってこと?自分にとっても他者にとってもより良いなんて、そんな都合の良いことってあるのかねぇ…

 

キレイごとだぁ~~~(爆笑)!

 

もしかしたら、「悩み解決屋さん」という商売で一儲けしたいだけじゃないのか???

 

世の中には多いと思う。そ~ゆ~とんでもない変てこりんな商売。。。人を侮辱してるとしか思えない商売。。。それはダメだよ!

 

なので、そ~ゆ~、世の中の問題や、多くの人の悩みや不安を本気で心配しているようなフリをして、それに付け込んで商売するような「悩み解決屋さん」的な存在を、私は心の底から軽蔑します(-_-;)

 

「悩み解決屋さん」で活躍して認められたいのならば、本当に本当に、毎日生きるのが精いっぱいの人の所に自ら出向いて行動した方がいいんじゃないか?きっと一儲けは出来ないだろうけれど、役には立つと思うな!

 

多少の悩みや不安を抱えつつも、うまく距離を保ちバランスを保ち、悩みや不安ばかりがクローズアップしてしまって圧し潰されないように上手く〝共存〟している人は、そのままそうっとしておくのが良いのではないかと思うのです?あまりに大きなお世話はやめた方がいいのではないか…

 

上手く自分でバランスをとって悩みや不安と〝共存〟していたのに、「悩み解決屋さん」の大きなお世話な介入により、悩みや不安が強調されてしまい、生きづらくなることってあるのではないかなぁ。。。まるで〝人の繊細な心に土足でドスドスと踏み込んできて、せっかく整理していた気持ちを搔き乱ような…〟そういう介入は罪深いというか、悪とさえ思える。

 

少なくとも、私には過去にそのような経験がある。。。

 

この世の中で生きる人の抱える悩みや不安は多種多様で、辛いこととの〝共存〟の仕方なんて、人それぞれしょう。。。試行錯誤して自分にあったスタイルで、なんとか折り合いをつけて生きている人もいるのだから…少なくとも私はそういうタイプの人ですけれどね。。。

 

悩みや不安と本気で向き合うには、誰かと一緒にとか、仲間で一緒にとか、誰かに支えてもらってとかが逆に余計に苦痛を増す場合もあるのではないかな。。。

 

皆で一緒に力を合わせて立ち向かえば悩みや不安はなくなるなんて、、、それはキレイごとの幻想なのではないか。。。そういうこともあるかもしれないけれど、結局最後は自分自身の問題なわけで、最終的には自分一人で引き受けて向き合わなければならないのにね。。。それがわかってないんじゃない?

 

甘いよ。。。なめてんじゃね~~よ~~~( 一一)

 

と思った"(-""-)"

f:id:miwako-amano:20161206010114j:image